「インドネシアの通貨」

  • インドネシアの通貨はルピア(Rupiah)という単位です。「Rp.」と表記されます。
    紙幣は数字の多いほうから、100,000ルピア紙幣、50,000ルピア紙幣、20,000ルピア紙幣、10,000ルピア紙幣、5,000ルピア紙幣、2,000ルピア紙幣、1,000ルピア紙幣、500ルピア紙幣、の8種類です。そのほかに硬貨が5種類あります。
    お分かりのように、とても桁が多いのが特長です。
    2014年11月現在、インドネシアルピアのレートは、1円=約106ルピアです。
    つまり、日本より2桁以上多いのです。
    街中を歩いていると、よく車の宣伝看板などがありますが、価格のところにRp.500,000,000というように書いていて、あまりに数字が多すぎて、パッと見ても頭に入ってきません。
    インドネシアに出張して、値札を見たら、「0」を二つとって0.9を掛ける、ようにしています。
    たとえば、Rp.100,000なら、0を二つとって「1,000」、さらに0.9をかけて「約900円」、という感じです。どこの国でもそうですが、通貨に慣れるのに時間がかかります。インドネシアの場合は桁が多すぎて、最初はちょっと混乱しますね。
    写真は、ルピア紙幣の写真です。Rp.100,000紙幣は、スカルノ元大統領の肖像画とのことです。
  • rp

コメントは受け付けていません。